積極的賛成は多くて2割、反対2割、残りはどちらでも無い。社長はその中間派を説得出来なければ組織は上手く回らない。(85

トラブルを早期に解決するノウハウは必要。また、トラブルの発生を減らすノウハウも必要。トラブル対策には両方が無ければならない。(86

チャンスがまた来ると思うから決断が甘く先送りになる。今しかない、でどうするかと真剣に考えることが決断力を鍛えることになる。(88)

自分の命を大切にしない人はほとんどいない。しかし、事業を金儲けの手段としか考えていない人は、ハイリスク・ハイリターンな仕事を好み、危機管理も不十分で会社を潰しやすい。そして、多くの利害関係者に被害をまき散らす。(89

現状の延長線上から利益と効率を重視した「次の一手」は、緊急非常時・激動期には役に立たない。損失を最小にし、得たい効果を最大限に確保する「次の手」を複数用意する必要がある。(90)

ピンチをチャンス変えることは難しい。常日頃から危機感を持ち、努力を続けている者のなかの一部が、その幸運を手にすることが出来る。(91)

自然や環境は変わる。社会や習慣、人の関心好みも変わる。だから事業は変化対応が当然のこと。自分の都合を優先させると変化に遅れたり、早すぎたりして失敗する。上手く流れに乗っても油断すればズレてくる。長く上手くいっていた後の調整は難しい。(92)

気配りや遠慮は大事。しかし、大義のためには敢えてそれを後回しにしても、やるべきことをやる勇気が経営者には必要。(93)

当事務所は弥生PAP加盟事務所です。
当事務所は弥生PAP加盟事務所です。

事務所紹介動画

再生で左下の「全画面」をクリックすると大きな画面で再生できます。